肝臓をアラキドン酸でサポート

アラキドン酸は今最も注目されている栄養素の一つです。
アラキドン酸はDHAと呼ばれるドコサヘキサエン酸、EPAと呼ばれるエイコサペンタエン酸はオメガ脂肪酸の一つです。
脂肪と言うと体にとってあまり良いもののイメージがありません。
しかし、オメガ脂肪酸は一般的にイメージする脂とは質が異なります。

常温で固まりにくい不飽和脂肪酸であり、体内ではほとんど合成することができません。
そのため、食事で補う必要があります。
このオメガ脂肪酸は体の細胞膜や血液、皮膚の材料になる大切なものです。
特に脳はその60パーセント近くが脂質で作られています。

アラキドン酸とドコサヘキサエン酸は脳を作る大切な要素です。
脳の働きを活発にしたり元気な状態を保つためにはきちんと摂取しなければならないのです。
そのため、最近では中高年の人たちの認知症予防としても注目されています。
また、赤ちゃんの脳の発達にも必要なため粉ミルクにも配合されるようになりました。

このように脳にとってとても大切な栄養素であるアラキドン酸ですが、他にも注目されている効果があります。
それが、免疫系の調整への効果です。
アラキドン酸の摂取をすることで血圧の調整が行われたり肝機能が向上したりコレステロールの低下も見られると言うのです。
免疫系機能の調整をするプロスタグランジン2というホルモンに働きかけるためです。

食べすぎや飲みすぎから起きる肥満は肝臓病の初期症状です。
生活習慣を改善することも大切ですが、肝機能が低下すると肝炎や肝硬変、肝臓がんを引き起こす可能性があります。
そこで、生活習慣の改善と並行して肝機能の向上を意識することが大切なのです。

ただし、アラキドン酸の摂取を心がけると自然と脂肪の多い食事になりがちです。
そして、過剰摂取は逆効果を起こします。
意識してたくさん摂取しようとせず多く含まれる食物を一日に一度摂る程度にしておきましょう。

最近ではサプリメントも販売されています。
サプリメントはほかにも必要な栄養素が含まれていて効率的な摂取に役立ちます。
しかし、これも過剰摂取の原因になりかねないので事前に医師の指導を受けてから摂るほうがよいでしょう。