理想的な摂取期間でアラキドン酸を摂る

アラキドン酸は脳に良いと言われ、認知症やアルツハイマー病の予防にも効果があると注目されています。
また、脳以外にも様々なところでの効果が注目されています。
体の細胞膜を作る成分の一つであるため、身体細胞を若返らせることにも効果があると言われています。

身体に良いと言われるアラキドン酸ですがどのくらいの期間摂取すれば効果が出るのでしょうか。
また、継続して摂取することは問題ないのでしょうか。

高齢者を対象にした実験の結果によると1か月の継続した摂取で脳年齢が6年から7年若返ったと言われています。
そのため、予防のために摂取するならば早いうちからの摂取は問題ないです。
また、物忘れなどの症状改善のために飲む場合は1か月ほどで少しずつ効果が出始めると考えられます。
そして、アラキドン酸は体内での生成がほとんどされないものなので、摂りすぎにさえ注意すれば継続して摂取し続けることも問題ないと言われています。

アラキドン酸を多く含む食品を継続的に摂取するときに気になるのがコレステロールの摂りすぎです。
卵黄や青魚、レバー、肉類の脂身に多く含まれており、これらを継続摂取するとコレステロールの摂りすぎになる可能性があるのです。
認知症予防として飲み始める人たちは中高年の人たちが多いです。
中高年はメタボリックシンドロームにも気を付けなければならない年代です。
そのため、メタボリックシンドローム予備軍の人は十分に食事からアラキドン酸を摂取することができない場合があります。

そのような時にはサプリメントでの摂取がおすすめです。
サプリメントであればコレステロールを気にする必要がありません。
また、アラキドン酸サプリメントの特徴としては、アラキドン酸以外にも一緒に摂ると良い成分が含まれています。
中高年に不足しがちな栄養素や一緒に摂ることでより効果を発揮する栄養素が含まれているため効率よく栄養を摂ることができます。
また、不足しがちな栄養素を補うことで脳だけでなく身体全体の老化予防や健康維持にもつながります。
みなさんもアラキドン酸サプリメントを摂って健康維持をしていきましょう。