理想的な摂取量でアラキドン酸を摂る

アラキドン酸は脳に良いと言われているため是非毎日摂取したい栄養素です。
中高年にとっては認知症やアルツハイマー病の予防になります。
母乳にも含まれており、赤ちゃんの体と脳を作るために大切なものですから母乳で育てている場合には母親は二人分きちんと摂取する必要があります。
脳以外にも免疫機能の調整をしたりうつ病対策にもなるため、どの年代の人にとっても大切な栄養素です。
しかし、アラキドン酸はただたくさん摂ればよいものではありません。

アラキドン酸はオメガ脂肪酸という不飽和脂肪酸の一種です。
脂肪酸と言うと脂肪をイメージし、体に良いものには思えないでしょう。
しかし、不飽和脂肪酸は普通の脂肪とは少し異なります。

簡単に言うと体を作るうえで大切な脂肪です。
ですから毎日取るべき脂肪であると言えます。
しかし、アラキドン酸を最も多く含まれる食材はレバーで、他にも肉や魚、卵に多く含まれています。

これらは摂りすぎるとコレステロールの摂りすぎになり安い食材です。
また、私たちの食生活は戦後からの洋食化で肉を多く食べる生活に変わりました。
そのため、過度なダイエットなどをしない限り意識して増やさなくても足りている場合が多いのです。

では、毎日の摂取すべき量はどのくらいなのでしょうか。
厚生労働省の発表では一日1グラム以上とされています。
基本的にこの量は毎日無意識のうちに摂取できていると言われています。

しかし、50代を過ぎると半数以上の人がこの量を摂取できていないとされています。
食事で摂取量を増やす際は三食のうち一食でアラキドン酸を多く含む素材を使った食事を食べることを意識すれば十分でしょう。
ただし、中高年の男性というとメタボリックシンドロームであったり予備軍であったりする可能性もあります。

このような場合はコレステロールを多く含む食事は避けたほうがよいとされています。
そのため、コレステロールを摂るのを避けたい人にはサプリメントでの摂取を考えてみましょう。
サプリメントならば脳に効果を発揮する栄養素や不足しがちな栄養素が一緒に摂れます。
メタボリックシンドロームではないけれど少しダイエットが必要な人もサプリメントでの摂取はお勧めです。